いい人、いい子をやめたい人へ

私自身、30年以上、
周囲に認められたくて
「いい子・いい人」なろうと
努力してきました。

そしてこの数年で、
コーチングと出会い、衝撃を受け、
何かに突き動かされるように
自らもコーチングを実践していく中で、
30年来続けてきた
「いい子で優等生の自分」で
あろうとするのをやめました。

自分がコーチになったから
「やめることができた」のではありません。

では、なぜ私は「いい子・いい人」を
やめることができたのか?

コーチングを受ける生活になったことで、

これは自分にとって、本当に必要なことか?
本当に自分自身がやりたいことか?
自分の理想の未来につながる行動か?

こういった問いを
自分に投げてくれる人がいたこと、
つまり自分のコーチをつけたこと
圧倒的に大きな理由です。

 

正確に言うと、
やめたというより「飽きた」に近いですね。

 

そして、

「いい子にしていた自分」も、
今では愛しい存在なのです。

「昔の大戦友」という感覚です。

そりゃあもう、
親や周囲に認められたくて
優等生を演じたり、
すごいと思われる成績、会社、
肩書き、職歴、評価のために
心身を削りながら努力して
生きてきた時期もありました。

 

最近、もはやそれらを
「手放す」という考えすら、手放しました。

当時どんな動機だったにせよ、
努力した自分、徹夜した自分、
勉強や部活をがんばった自分、
先生や大人に褒められた自分
偉い人たちに評価された自分まで、

「手放さなきゃ」
とは思わなくなりました。

「そんな自分は、間違いだった」
「他人に認められたくて、努力するなんてバカだった」
「共依存だった」

そうやって過去の自分を見下すのではなく、

努力のおかげで、それなりの待遇も、
社会的恩恵も味わったし、
チヤホヤ褒められて最高に楽しかったし、
いいんでない?どれも勳章。

受け取ったものもたくさんあるし、
いわば私の生存戦略だった。

でも、これからは別のやりかたで生きる。
長い間、本当に本当にお疲れ!

そんな感覚で、今を生きています。

 

「いい人を演じて結果を出してきた自分」と
肩を並べて立ち、
背中をバーン!と叩いて引き寄せて、
長年の善戦を労う。
拳をぶつけたら、選手交代。
満員のスタジアムはもちろん、
両者に歓喜とスタンディングオベーションです。

ここは完全に、妄想の世界ですが(笑)

 

いい子をやめたいなら、
いい子をねぎらってあげること。

 

自分の望む未来を描くのに、
ご自分の過去を否定する必要も、
無理に手放す必要もありません。

悶々としながらでも、怖くても、
今は抱えたままでもいいから、
「それでも、これからはこう生きる」と決めて
明日からの行動を変えていくのが、
未来への第一歩です。

私自身、
コーチングを受けたことで、
それを実現することができました。