コーチの選び方

どんな人をコーチやカウンセラーに選んだらよいですか?

よく聞かれる質問です。

今や、コーチ、カウンセラー、セラピスト、
コンサルタントはたくさんいますし、

スキルレベルもとんとん、
似たようなメッセージを発信している人も
無数にいますので、
いざコーチングを受けてみたい、と思った時に、
どうやって選んだらいいのか、
わからなくなってしまいますよね。

これは、コーチング資格の有無や実績以上に、
そのコーチという「人間」との相性も
重要になってきますので、

「最後はフィーリングですよ」
「自分に合うかどうか、感覚で決めてもいいですよ」
という漠とした答えになってしまうのですが、

資格は必須ではありません。むしろ
有名な資格をやたら強調している人(取得して間もない人に多い)
資格の種類と数だけやたら多い人(何屋さんなんだろう・・)

これらは、選ぶポイントにはならないと思っています。

私なら、
最低限ここは見るかな、というポイントは、

  • お友達だけではなく、お客様にサービスを提供している人
  • 遊びや趣味の延長ではなく、プロの専門家という自覚をもって活動している人

はいうまでもありませんが、

コーチまたはカウンセラーとしてのみならず、
常に人間としての進化・探求をやめない人

また、それを自分の言葉で発信し続けている人

コーチングやコミュニケーション技術だけでなく、
自身の人間性、精神性を高める努力をしている
そのための投資や時間を惜しまない人

そのような姿勢の
コーチやカウンセラーを選ぶことをお勧めしています。

決して、
たくさん勉強しているとか
自己投資の金額が大きいからとか
有名な団体や先生のもとで学んでいるから安心

というものではありません。

著名な協会や団体に属していたとしても、
そのお仲間同士で練習し合ってばかりで
リアルなお客様がいなさそうな人
お金をいただくお客様をもつことに
メンタルブロックを抱えている人

こういう方は、
その内輪の外での生々しい実践経験が少ないので、
私なら選びません。

日々何も学ぼうとしない人は、
コーチングスキルもその程度のものです。

有名な資格や誰々先生の認定を取れば
何とかなると思っている人、

コーチングでお客様や社会にどう貢献したいのか
という気持ちもなく、
学ぶことにお金や時間をケチるような人は、
お勧めしません。