”ダーク”コーチングのススメ

私のコーチングで扱うのは、ポジティブ!ポジティブ!なテーマだけではありません。

本当にやりたいことを見つけたい!
好きなように生きたい!
自己肯定観を高めたい!
自分の強みを見つけたい!

という人だけが受けるものなんでしょうか?
引き上げる、褒める、持ち上げる、とにかく前へ上へ!のための場なんでしょうか?

実際、そんな疑問を素直にお話してくださった方がいました。

 

結論からいうと、

「いいえ」
「それだけではありません」

もちろん、前述のようなテーマで、その人本来の願いや、響きのなかで満たされていく場になるコーチングは、私もたくさんやっています。どちらが良し悪しとか、優劣はまったくありません。

でも、

決して明るくないテーマから入るコーチングもあるよ
前へ!上へ!ではないコーチングもあるよ

ということなんです。

 

ある時、実際のコーチングで、

「今日は、まず悪態をつかせてください。吐き出してからじゃないと、いつまでもここにいる気がする」

と言ったクライアントさんがいらっしゃいました。
(この文章は、ご本人の掲載許可を頂いています)

一緒にその感情を深く見ていくことをお互いに確認した上で、私はもちろん快諾。

そしてさらにリクエストします。

「完全な他責でも自責でもいいから、とりあえず全部出してみない?」

その方は、ご家族との関係で、たまりに溜まっていたドロドロとした感情を、鬼のような形相で吐き出した。

そして私は、変わらずそこにいます。放たれた言葉たちやその主に、肯定も否定もしない。無理に励ましたり、たしなめたりもしない。でも、思いの丈を吐き出すその人すべてに、焦点を当て続けます。

 

コーチングは「吐き出してスッキリ!」が目的ではありません。
だから、ここはまだ、ほんの入り口

今の自分のドロドロした感情、今、自分の中で起こっていることの、もっと深ーい奥にある世界への入り口なのです。

今、この瞬間に起きている感情の奥にある「何か」。

そこを、お互い合意の上で、一緒に見に行くのです。

その果てには、どんな視界があって、どんな自分がいるのか、いないのか・・

 

「前へ」でもなく
「未来へ」でもなく
「治す」でもなく
「癒す」でもないコーチング。

 

でも、そんな静かで深い旅が終わる頃には、視界が、何かが、変わってみえるかもしれません。

 

***

コーチングは、とにかく前へ、未来へ!だけがゴールではないのです。
別にそれをゴールにしなくてもよいのです。

 

もちろんね、吐き出したらスッキリした!という過程はあってもいい。
その気持ちは、素直にキャッチしてください。
ドロドロを言葉にしてみて、自分の中にどんな変化が起こったのか、
そのスッキリが、今ココから、あなたの視界をどのように昇華させていくのか。

そこからまた、コーチングで旅を続けることもできます。

 

悩みやモヤモヤの深淵を、静かに深ーく見てみたい。
なんだかそこに答えがあるような、ないような気がする・・

そんな方にも、私のコーチングを使って頂きたいと願っています。