Nobody knows you

今日から、とある学びの場に参加しています(有休で)。

 

学びの内容についてではなく、そこであらためて感じたこと。

 

「共通言語を捨てた自分が、何を伝えられるか」
「自分の生き方を、初心で伝えられるか」

 

全員が初対面で、誰も自分の顔も名前も経歴も知らないし、
そこに業界用語を盛って説明したら白けてしまうような場で、自分のやっていること、生き方をさらけ出すということを、最近やっていなかったな、と愕然とした。

 

内輪話ができる場は、確かに安心で楽しいです。
自分も相手もお互いによく知っていて、共通言語もあるし、
誰かに喜怒哀楽あれば、手放しで祝い、花を手向け、涙を流し、手を差し伸べることだって出来る。
ただ、居心地が良くなるぶん「いつまでもこの状態が続いて欲しい」とお互いが無意識に願うようになるので、刺激は少なくなるし、成長のスピードや度合いが似たり寄ったりしてくる。
良い悪いではなく、そういう場に長く留まると、だんだん落ち着かなくなるのが、私の性癖。

 

SNSでも、リアルでも、
自分の見ている世界なんて、この世界の99%以上の人は知らない。
自分が見ている景色に入り浸り続けると、そこが世界の標準に見えてくるし、自分の知っていることは、他人も知っているはず、と錯覚してしまいがち。

 

今回、久しぶりに「内輪ネタの通じない」場に飛び込んだので、刺激はあるし新鮮だし、初心に戻るべきは受講生でなくオマエだ、と「場」に言われている気がして、身が引き締まる思い。いい緊張感です。

 

互いに与え合う良質な刺激と緊張感。これも、人生を面白く豊かにするためには欠かせない。

これからの二日間、自分に課したのは、
「共通言語を捨てた自分が今、伝えるべきことは何か?」を常に意識すること。

 

もちろん、そういう場で一日過ごすのは、楽しいばかりではないし、心も体力も消耗するよ。
でも、その場に自分の時間という「命」を使う選択をしたのは自分だし、この場だけに限らず、
「自分の命を何に使いたいか」をとても強烈に意識するようになった。

 

そのために日々、他のどうでもいいことで消耗しないために、
家事に時間をかけるのをやめるべく投資し、
SNSのダラダラ見をバッサリ止める仕組みを作り、
3日以上読まなかったメルマガは全て解除した。
これはごく一部のDoingに過ぎないけれど。

 

誰も私のことを知らない。
「初心に還る」とは、ここを受け入れることから始まると思う。