「流行り」で服を選ぶのをやめた。

「流行」で服を選ぶのをやめました。

私は、深いVネックの服が好きで、
女友達に「谷間強調してるの?」などど冷やかされることもあるけど、
「ただ好きだから」。それ以上でもそれ以下でもありません。

最近(日本で)流行の形なんでしょうか。よく見かけるのが、首の詰まったクルーネックや、モックネック。

骨格や体型に合っていて、センスよく着こなしている人はとても素敵だったけど、デコルテが完全に隠されてしまう。

胸板も厚く、肩幅も筋肉もある私が着ると、良くてスポーティ、正直に言うと体操服!着てる自分がちっとも嬉しくなかったのです。カラー診断に従い、自分に合う色を選んでみても、着た自分にしっくりこない。

「流行りの形だから」というのは結局「他人軸」なので、
自分で「好きなものを選んだ」という気持ちが持てない。
似合わないものを着ていても、力が湧いてこない。嬉しくない。

やっぱりやめた!

この春夏に買い集めた、
首の詰まった服を全て手放しました。

深めのVネックの何が好きかって、顔から首、胸元までの肌を綺麗に見せてくれることなんです。

胸の谷間がどうたら問題は、不思議なことに男性よりも女性の方があれこれ口を出してくるのですが、「でも、好きなんだよねー!」で済ませているうちに、言われることもなくなりました。だって本音だし、それ以上でもそれ以下でもないですから。

綺麗な形のVネックにカットされた、お気に入り服のためなら、
やっぱり首やデコルテライン、谷間は綺麗に保ちたいと思うし、
それを引き立ててくれる、お気に入りのピアスやネックレスを持ちたいですね。

トレンド、マストバイ、もう年だから、などという言葉に流されず、自分の好みと意志で選んだ服を纏っている人は、どことなく自信に満ち溢れているもの。

どんな年齢になっても、人生と共に纏うものは、自分の感性に従って選ぼうと思った、夏の終わりです。