行動しなきゃ病

こんにちは、

最近、人をザワつかせることに悦びを感じています。

おしゃれなカフェでキャッキャ自撮りしている女子を見かけたら、どんどんザワついて下さいね(笑)まずは、自分の中のザワ子ちゃんの存在をちゃんと認めてあげないと、いくらスイーツ食っても、仲間内で批判してても、何も解消しないよ。

使命感と強迫観念は雲泥の差

懺悔します。この半年間、私はある重度の病気にかかっていました。

それは、行動しなきゃ病

コーチとしてもっとスキルをあげるために!

ちゃんと結果を出せるように!

もっと認知されるように!

英語のキャリアを活かせるように!

勉強しなきゃ!課題もやらなきゃ!

会社員からも学ばなきゃ!

セールスやマーケティングの手法も学ばなきゃ!

ブログ書いて発信しなきゃ!

もっとクライアントを増やさなきゃ!

英語の特訓を再開しなきゃ!

なきゃ!なきゃ!なきゃ!!

・・これじゃ、ただの強迫観念や。

やることはいくらでも思いつくのに、私に与えられた時間は、これまでと変わらず24時間。会社の仕事も、家事もあるのに、いきなり色んなことを出来るわけがない。手をつけたとしても、続かない。そしてまた焦る。

不安な時に、足してはいけない

心の何かを埋めたくて、何かを新しく足せばなんとかなる、の不毛なループ。というか、足し続けないと気が済まない。それを「行動しなきゃ」という美しい言葉に置き換えていただけでした。

というのを頭ではわかっているのに、心は認めようとしない。

逆だ。心は認めて欲しいのに、頭が「わかったふりをして」認めないように耳をふさいでいたんです。そんな時に流れるBGMは、心の声にフタをしている時の常套歌「頭ではわかっているんだけど」ォォ〜♬

「行動する」というと、何か新しいことを始めないといけない、今に何かを足さなきゃいけない、何か目に見える変化がないといけない、気持ちになります。

行動の第一歩は「やめる」ことから

何か新しいことを始めたいなら、どうやったって、そのための新たな時間が必要になるんです。人間に与えられた時間は24時間。今やっている何かを一つ以上、自分の手から手放す。「行動する」というのは、何かを減らすことから始まるんじゃないかな。やましたひでこさんの「断捨離」と同じです。

やめる

へらす

断る

捨てる

逃げる

委ねる

丸投げする

これらも立派な「行動」だと思うんですよ。

本当に一番最初に必要なのは・・新しいセミナーに申し込むためのお金じゃなくて、何かを差し引く「勇気」だよね。

やりたいこと、行動したいことを紙に書き出すのと同時に、やりたくないこと、やめることも書き出してみる。

特にこれからの時期、秋は、何か新しいことを始めたくなります。行動したくなります。お店には、もう来年の手帳が並んでこっちを見ています。

何かしたくなる。その気持ちは持っていい。

そのためにまずやることは、何かを「やめること」。

何かを手放せたら、この時点で、すでに立派に行動できてるから。

まずはそれを自分自身で評価してあげてください。

何かを足す話は、それからです。

そうやって、やめること、手放すことへの筋力がついてくると、

自分が本当にやりたかったこと、大事にしたいことへの棚卸しに繋がりますよ。