わかりやすく伝えることの原点

コーチングという言葉も、少しずつ認知してもらえるようになってきましたが、まだまだご存知ない方もたくさん。

言葉は知っていても、「実際、何をするのか」という話になると「良い解決策を指導してくれるんでしょ?」という感じで、プロスポーツにおける「コーチ」と同じく「指導者」のようなものだと思われることも多いです。

認知度が低いのは、もちろん私たちコーチ側がちゃんと「伝えていないから」であって、知らないことが悪いことなのではありません。ご安心ください。

その専門用語、誰のため?

さて、そのコーチングにしても、カウンセリングやセラピー、コンサルテーション・・と広げれば広げるほど、「援助職」業界は、なんと専門用語に溢れていることか、と思います。

専門用語を使うことが「良くないこと」なのではありません。

ただ、言葉は知らないが、サービスを必要としている人に「どういうものか、理解してもらう」ために常に努めることは必須です。

「わかる人にだけ、伝わればいい」という姿勢では、お友達サービスで終わってしまいますから。

 

たとえば「セッション」という言葉。

私のコーチングでは、コーチングを一回行ったら、1セッション。

1セッションあたり60分でXXXX円、というように、
サービス内容の「単位」のように使うことが多いです。

たとえばSNSで

「今日は朝から、コーチング5セッションぶっ通しでした〜!」

という投稿を見たら、
あぁこの人は朝から、コーチングを5回ぶっ通しでやったのか、
くらいに考えてもらえれば十分だと思います。
(もちろん、別の意味で使われている方もいますので、詳細は確認してくださいませ)

 

さて、私がここまで「専門用語をわかやすく伝える」ことに神経を使うのは、プロとしての責任でもあり、はたまた、これまでの仕事で培った経験も影響していますが、原点は「父の言葉」にあると、思い出しました。

「小学生でもわかるように」

父は、自分と同じく理系の大学に進んだ私や妹に

「自分が学んだことを人に伝えるときは、小学生でもわかるように意識して、伝えなさい」
とよく話していました。

小学生でもわかる・・なんて「知らない人を馬鹿にしているのか?」などと、幼稚だった私は斜めに構えて反発したこともありましたが、決してそうではなかった。

父は長年、発電関係の技術者をやってきた人間。
発電所の周辺には、住宅地もたくさんあります。
何らかの機会で、近隣の住民の方々に説明や解説が必要となった時、その住民の中には、もちろん小学生だっている。子供達だって、住民の一人。このことを常に意識していたのだと思います。

後年、この父の言葉が、人生の色々なところで私の支柱になりました。

就職活動で、大学院での研究内容を面談相手に伝えるときも、
科学館で、世界中から来られたお客様と対話する仕事をしたときも、
新製品に使われた最新技術について社内でプロモーションをするときも、

そして、
プロコーチとして、コーチングを仕事にしてからも。

コーチングセッション自体は、現在は大学生以上の方のみ対象とさせて頂いていますが、相手がどんな方であっても「何歳の人でもわかるように意識して伝える」ことは、私の原点になっています。それは、日本語でも英語でも、です。

納得してもらうことが、スタート地点

サービス内容だけでなく、用語ひとつ取っても疑問のままにせず、「しっかり理解し、納得してもらう」ことから、コーチとクライアントの信頼関係はスタートします。その積み重ねこそが、コーチングの成果にもつながっていくからです。

コーチングを習得したばかりの頃は(いまも直後だけど!)、
とにかく学んだことをすぐに活かそう、使わなきゃ!と、
習った専門用語をそのまま盛り込んだコーチングや集客をしていましたし、
どこからか取ってつけたような説明ばかりして、
それを聞いた相手が「わかったような、わからないような」様子でいるのが、本当にもどかしかったです。あぁ伝わらないなぁ、などと嘆いて。

完全に、自分目線での押し売りでしたね(汗)
これは教訓として、今でも自戒のために定期的に思い出すようにしています。


さて、ここまで書いて、思いつきました。
私のコーチングでも、使っている用語は多いので、「用語集ページ」「Q&A」ページを作りますか!少々お待ちを〜!