怒りのコーチング

私自身が、コーチング・セッション中に怒ることはまずないです(今のところ)

ただ、セッション中に、クライアントさんに敢えて「怒ってもらう」ことがあります。

「怒り」は、アドラー心理学の言葉を借りると「目的を持った二次感情」なので、その奥では必ず「一次感情」がシグナルを発している。

長年、怒りに蓋をしたり、我慢しつづけてきたことで、自分の本来の願いや感情がわからなくなってしまった、

という方がセッションに来られることも多いので、それなら、あえてこの場で怒りという感情を、極限まで味わってもらい、その奥にある「本来の感情」を見に行こう、という試みです。

本気の、煽り

コーチである私は、あえて「クライアントの怒りの対象」として振舞うこともあります。

それは上司かもしれないし、友人や親かもしれない。

それはもう、なりきります(笑)

コーチとしてのニュートラルな状態は訓練で叩き込まれているとは言え、

直感をフル稼働して、深い傾聴状態に居続けると、怒りの対象の感情が、本当に自分の中に湧いてきたりします。

そこに遠慮はいりません。

怒りの度合いによっては、クライアントさんは、私に罵声を浴びせたり、殴りたくなったり、胸ぐらを掴みたくなることもあるでしょう。

それでもいいと思っています。

(もちろん、命に関わる危害は加えない、借り物は壊さないという双方の合意のもとに、このセッションをやっています)

それくらい、コーチが体を張って場を創る覚悟が無ければ、コーチングなんてできない。

ふんわり当たり障りのないことしかできないコーチングなんぞ、私はやらない。

そういう「ガチ対ガチ」の場が好きなんだと思います。

この、傍からみたら「体育会系」なコーチング精神。教えてくれたのは、まだコーチング訓練コース真っ最中の、ある出来事でした。コーチとしての転機となった話でもあるので、また別で書きたいと思います。

場所がない!

とはいえ・・・コーチングの会場は、カフェやラウンジ、コワーキングスペース。

いくら人の少ない店内で、

「コーチングセッション中」というこちらの都合をかかげたところで、

店内に怒鳴り声や罵声が響いたら、さすがにお店やお客さんに迷惑をかけてしまいます。

(殴りかかっているところを目撃されたら、通報されるかもしれませんね・・・まだ前科はないけどw)

なので、このワークを思いっきりやれるコーチング場所を確保するのが、喫緊の課題。

日比谷公園サイズの公園とか、河川敷かな?

コーチングに限らず、セラピーでも、カウンセリングでも良いので、「体を思い切り動かすワーク」「大声を出すワーク」・・などなどを東京都内でやったことがある方がいたら・・・お勧めの場所、ぜひ教えてください!

「怒りのワーク」について

この「怒りを限界まで出し切る」ワークですが、全てのクライアントさんに必ずやって頂いているものではなく、

必要に応じて、コーチとクライアントさんとの間で、しっかりと目的を確認してやっています。

例えば、コーチングの中で「怒りの封印」がクライアントのエネルギーを止めているな、というところにきて、初めてこのワークを提案し、互いの意図と目的を確認したうえで、実施します。

ですので、ただ単に「怒りをぶちまけたい」「大声を出してスッキリしたい」という理由でコーチングを申し込まれても、コーチングのご提供そのものをお断りすることがあります。

コーチングはストレス発散のためのものではなく、「よりよく生きるための対話と行動」が原則です。