「シェア」もアウトプットになる

FacebookでもTwitterでも、何かの記事を読んで、これをみんなに読んでもらいたい(あるいは、読むべきだ)と思ったときに押す「シェア」ボタン。

やり方しだいでは、とても良いアウトプットになると考えています。

私は、誰かの記事をシェアするとき、一言でも「紹介文」をつけます。

あんまりダラダラ長い感想文になると、記事にたどり着くまえに直帰されてしまうので、

「この記事の見どころ」

「読んでこんな発見があったよ」

「こんな人におすすめ!」

これらをいかにシンプルに、見つけた人が読みたくなるかを考えて、2、3行になるように書きます。

この「紹介文つきシェア」、メリットがたくさんあるのでご紹介します。

自分自身のアウトプットになる

まずはこれです。これが本当に大きい。

私は、その記事を自分で読んでみて、本当に「良いな」と思ったものだけ、シェアしています。

友達だから、有名な人だからと、内容も読まずにポンとシェアすることはありません。

内容を読んでいるので、紹介文を書くということは、自分自身のアウトプットになるということ。

その記事のどんなところがよかったのか、誰に読んで欲しいのか。

これをアウトプットするだけでも文章のトレーングになるし「あまり時間をかけない」というルールを作れば、集中力も鍛えられる。

こうやって「紹介文」という形でアウトプットすると、一度シェアした記事の内容はしばらく覚えているし、「誰々さんのこんな記事があったな」と、のちのち役に立ったことが何回もあります。

記事の主に喜ばれる

紹介文が書けるということは、内容を読んでくれた人でもあるので、記事の主から感謝されることはとても多いです。自分の記事が感想つきでシェアされたら、嬉しいですよね。

「読んでくれた」「紹介してくれた」のダブルで喜ばれます。

記事の主から「この紹介文、とても的を得ているので、私の告知記事で使ってもよいでしょうか」という問合せを頂き、ご縁ができたこともあります。

著名な作家さんの記事をシェアしたら、なんと本人から「いいね!」やお礼のコメントが来たこともあります!(覚えてもらえるかも?)

でも大原則は、有名無名に関わらず「本当に良いと思ったものだけ」。

誰々さんの記事だから問答無用でシェア、というのは、ビジネスパートナーでもない限り、私はできません。ここは、自分の価値観や感性をしっかり尊重してあげることを大事にしています。

シェアの嗜好から、自分の好きなことがわかる

紹介文を書くことで、

「自分が何に興味をもっているのか」

「どんなところに感情を動かされたのか」

「(シェアすることで)何を世の中に伝えようとしているのか」

これらが見える化されるんですよ。これはまさに、自分の価値観や強みに繋がるもの。

私が尊敬する方の言葉に、

「自分を知りたければ、自分のこれまでのアウトプットを見ろ」

というものがありますが、それが紹介文というアウトプットでもわかるということ。

自分の好きなことがわからない・・というなら、自分が良いと思った記事をシェアして、初めは「すごい!」の一言でもいいから紹介文を書いてみるのはいかがでしょう。

そのストックが、あなたという人間のあり方の輪郭になっていくはずです。

番外編:無言シェアについて

逆に、何の言葉もなくぽーんとシェアされた記事、ここでは勝手に「無言シェア」と読んでいますが、私は無言シェアされたものは、ほとんど読みません。

有名な人でも、よく知っている人でも、何人もの人がシェアをしていたとしても。

読んでみたら良い記事なのかもしれませんが、「その時点で」興味がわかなかったら、リンクの先に行くことはまずないです。

タイトルだけだと、何の記事なのかもわからないことも多いし、それだけで興味は半減する。そして一度スルーしたら、二度と拾われることがない。

その人がどういう意図でシェアをしたのか、その場で少しでも垣間みえないと、興味がなくなってしまうのです。

理由はただ一つ。

私がSNSを触る時間は、とても限られているので、その場で自分の感性に触れたものにしか、時間を使わない。そういう生活をしているからだと思います。

アウトプットは、人生を変える

私の友人には、「自分のブログを書く」というアウトプットを続けたことで、人生が劇的に変わった(変えた)人が何人もいますので、頭ではなく肌でそう感じますね。

最近、アウトプットをとても意識しながら生活しています。コーチングのクライアントさんにも、自分の実践で効果的だったアウトプットのしかたについてアイディアを共有することが多くなってきましたが、これがとても楽しい。

理由のひとつは、精神科医・樺沢紫苑さんの著書「学びを結果に変えるアウトプット大全」からの影響をとてつもなく受けているから。

この本、ただの「アウトプットのためのノウハウ本」ではありません。

話し方、書き方だけでなく、コミュニケーション、人間関係、生活の全てにおいて使えます。

なぜそのやり方が効果的なのか、心理学分野、脳科学分野からのエビデンスもしっかり書かれていて、とても説得力のある文脈。そして、その章を読んだその日からすぐに活かせる、活かしたくなる。

「学生時代に出会っていたら、勉強や就活すらもっと楽しくなっただろうな」と思えるほどです。学生の方には迷いなくお勧めしています。もはや布教活動です(笑)

「気に入った記事を、自分の言葉でシェアするのも立派なアウトプットである」ということは、この本を読みながら確信したこと。

これからまだまだ出て来ること思いますので、どんどん「アウトプット」していきたいと思います。