ひとこと、悔しい!

自分の力ではどうにもならない「理不尽」が重なって、いま非常に悔しい思いをしています。

こういう時、私は「分析思考・問題解決思考」がとても強いので、
感情を脇に置いて、因果関係とか、再発防止策をひたすら考える傾向があります。
それも正しい。仕事ならそれで回るから。

でも、今回は「この野郎・・奈落の底まで行ってやろうじゃないの・・・w」という、打ちのめされた末のおかしな実験欲と怖いもの見たさ、同時に
「この悔しさ、絶対に忘れるな!!」という鋭く強い怒りもあって、
「棘と毒っ気のある強い甘み」を恐る恐る味わってやろうじゃないの、という妙なところにいます。仕事中です。

色で表すと、
腐ったオレンジとアケビのような鮮やかな紫、そして漆黒が混ざったような感じ。まるでハロウィン仕様です(笑)流血はナシで。

こいつらを底の底まで感じきって、奈落の放物線の底にしっかり手をついてから、初めて「さて、どうする?」と整理していきたいのです。

 

当時はオフィスにいたので、あまりの悔しさに、トイレに行くたびに壁の一枚でもぶち抜きたくなる衝動に2回くらい駆られたけど、それが「理不尽」を前に自分の中に起こっている、偽りのない反応だと感じたし、それを俯瞰的に、良し悪しのジャッジを入れる事なく、クリアに検知することができた。

そういうネガティブな感情ほど、平然と感じなくなることが一番怖いからね。
(それを表に出すかどうかは、また別の話です)

仕事は、そのイライラ感を逆噴射する勢いで、一気に終わらせました(笑)

 

さて、悔しい感情を感じ切るとか、奈落の底の底まで行くとか、
なぜこんなことをするかというと
実はそれが私にとって、次に進むための最短ルートだから。

理性で蓋をして、解釈や意味づけを一生懸命やったり、
甘いものやお肉やお酒で満たしたり、何日もモヤモヤするのもいいけれど。
一気に感情の底まで駆け抜けるほうが、
瞬間的に大きなエネルギーは必要とするけど、回復も早いのです。

そして次に進みやすい。行動に移る時間も早いし、他のことへの影響も少ない。

強い激しい感情というのは、感じた瞬間は不快なものですが、
その感情の放物線の底をついてみないと、わからない境地がある。
でも、実はそれが最強の上昇エネルギーに変わることがある。

放物線じゃなかったかもしれないし、そこでどんな視界が待っているのか、わからないのがまたスリル。・・怖いけど。
きっとそれを感じ尽くしたいのだろうし、その先にある未来を信じているんだと思います。・・怖いけど!

感じきる方法は色々です。コーチングのクライアントさんには、実践としてお伝えすることもあります。

ここまで書いて、自分が、好奇心の塊のような人間だと改めて呆れていますが、
ここまで書いただけでも、昼頃にあった激しい感情は、ちょっと質感が変わっています。

だから面白い。人生は全て実験。
これも私のライフワークのひとつなんだと思います。