【人生棚卸し】私の得意なこと・苦手なこと

コーチングを始めて、働き方も変えて、本当に色々な人たちと出会うようになりました。
生き方、働き方、考え方、価値観、業界、年齢、言語もみんなバラバラ。
 
そんな人たちに囲まれ、なおかつコーチングをしてきた中で、最近の自分が
 
  • 得意だなと思うこと、これをやるとエネルギーのレベルが高くなること
  • 逆に、苦手だな、やりたくないんだなと思うこと
色々見えてきたので、現時点での私はナニモノなのか、書いてみたいと思います。

得意だなと思うこと・エネルギーが高まると感じること

心から応援したい人や、そのアウトプットを世界へ放つ。シェアする。

有名無名は関係ありません。
その人を「一言で表す言葉や表現」、キャッチコピーや推薦文を考えるのがとにかく楽しい。
相手がそれを気に入って、ご自身のメディアで採用してくれることもあります。これは嬉しい!

アイディアを出しまくる。

ブレストしましょう、という場より、コーチングやコンサルの場で出やすい。一度「それいいね!」という相手のポイントを突くと、どんどん湧いてくるのだ!
そして、そのまま相手に喜ばれて採用していただくことが、最近増えてきました。

論理思考と感性を行ったり来たりするアウトプット

情熱的にロジックを展開するときの、心地よい緊張感にゾクゾクする(笑)分析も私にとっては道楽。
 

苦手なこと

何か強固な前提のもとで考える、話をする

あなたはこういう人だから、こういうタイプだから、という前提ありきで話をされると、能面ヅラになっていることがあります・・・それ以外の可能性はないの?と思ってしまう。

あらかじめ作られたシナリオ・台本がある

ぜんっぜん楽しくない。アレンジ可能なら、別物に変わってるはず(笑)

「情報を教える系」のアウトプット

アフィリエイトとか無理っぽい・・

勝手にコンサル

こちらからお願いしたり、相談したわけでもないのに、勝手にコンサルしたり分析したりしてくる人。

まだ、ある気がする

これは現時点での私。これからもどんどん出てくる気がします。
  • 自分がなぜその選択をしたのか
  • 自分がなぜそこに反応したのか
  • そこには自分のどんな価値観や願いがあるのか
これって、プロコーチになっても、毎日毎秒、自分に問いかけることに変わりはありません。
机の上で考えているだけでは、自分が何者なのかはわからないね。
動いてみて、出会ってみて、アウトプットしてみて初めて、
自分自身にすら、光を当てていなかった部分はまだまだ沢山あると気づいた。
こうやって今日、書いたことも、修正ではなく、アップデートしていくから、人生は面白いのだ。
私のコーチングでも積極的にやっています。ご興味のある方は、こちらまで。