自分に向けたことのない問いは、人にも使えません

「なぜ、それをやるんですか?」
「それをやったら、どうなりますか?」
「あなたを突き動かしているものは何ですか?」
「それをやめたら何が残りますか?」

コーチングでも、カウンセリングでも、コンサルでも、
ワークショップや会議でも、
対話を通じて、相手の問題解決や発展を目指す場に、
問いはつきものです。

というか、
問いがあることで場が成り立ち、場に命を吹き込みますね。

たくさん質問すればいい、というものではなく、
問いの質を高めることは、
場づくりにも繋がりますので、
対話を仕事にする者にとっては、一生の課題です。

1つの質問で、人生が変わってしまうことすらあります。

 

良い問い、
人の心をぐっと動かす問い、
影響力のある問いというのは、

誰が使っているか
どんな本に載っているか
どんな時に使うか、
などは関係ありません。

逆に考えれば、
誰でも「良い問い」を出すことができます。
訓練を積めば、問いの出し方も磨けます。

 

ただし、
その問いがどれだけ相手の心に響くか、
その場を動かすエネルギーになるか
というのは、

「その問いをどれだけ自分に使ったことがあるか」
「その問いの答えを求めて、どれだけ自分で試行錯誤したか」

にかかっていると思います。

正しく答えられるかどうか、
正しい答えを知っているか、ではありません。
答えの有無も重要ではありません。

 

自分に使ったことがないのに、

教科書に書かれていたから、
コミュニケーションの本に
書かれていたから、
みんなが使っているから
使うとそれっぽくなるから、
こういう時にこう使うといい、と聞いたから
講座やスクールで習ったから、
著名な先生が使っていたから、

という理由だけで出てきた問いは、とても浅い。

なぜなら、問う側の実感を伴っていないからです。

その問いを出すタイミング、
その問いの重み、
その問いの深さ、
それを問う勇気、
問いに答える難しさ、
答えをめぐる試行錯誤、
問われたときの衝撃、
それを受け入れる覚悟、
その問いに答えていく勇気、
その問いに答えをもつ責任、
・・・・
というのは、

自分自身が問われたことがなければ、
体感できないものだからです。

それがわからないまま
相手に使ったところで、
表面的には対話がうまくいったように
見えたとしても、
たくさんのマニュアルが必要になるでしょうね。

次はこう聞かなきゃ、
こう答えられたら、こう問わないと。
こういう時には、こう聞かなきゃ。

そして相手が想定外の答えを出したら、
シナリオ通りにいかなくなりますから
だいたいそこで詰まります。

「次は何を聞けばいいんだ・・」とね。

 

要は、
自分に使ったことのない問い、
自分が問われたことのない問いを人に使っても、
単なる質問で終わってしまいますよ、
ということ。

これは
「自分の中に正しい答えを持っている問い以外、相手に使ってはいけない」
などという話ではないです。

 

コーチングやカウンセリング、対話を学び始めたばかりの頃は特に、
習ったことをひたすら使ってみる訓練も必要ですので
「問うタイミングも、パターンも、教科書そのまんま」
という状態なのは仕方のないことです。

むしろ、その状態を一刻も早く抜け出すために特訓を重ね、現場で実践するのです。

 

ところが、いつまでたっても
「自分に向けたことがない」問いを使うのは、お勧めしません。
問う側も問われる側も、お互いに良いことがありません。

 

対話やコミュニケーションを仕事にしている人は特に。

ぜひ、自分に問いかけましょうぞ。
あなたの問いの「質」を高めるために。

問いの質が高まることで、
あなたの仕事の質や、相手からの信頼を高めることに
必ずつながっていきます。
問いは、相手があって成り立つものだから。

 

私は毎日、自分にたくさん問いかけます。

今なぜそう思ったのか?
この現象のメカニズムは何か?
なぜそういう反応をしたのか?
心がザワついたのは何に対してか?
ここから学ぶべきことは?

問うてるうちに1日が終わってしまうくらいです。
スマホのメモも追いつきません。

自分に常に問いかける習慣をつけると、
問いの引き出しが増えるだけでなく

人とのコミュニケーションの質も変わりますよ。

人に問うのと同時に、
自分にたくさん使ってみましょう!

質問力やコミュニケーションの本、
コーチング、カウンセリングの教本を買った人は、
その本に書かれている「問いリスト」などがあれば、
その問いをまず全て自分に向けてみることをお勧めします。

 

一番の近道は、

自分に問うてくれる相手をもつことです。

友達や家族でもよいけれど、
予定調和な問いを期待できない相手の方が、
「うぐっ・・」と深く考える力がつきますし、ご自身の問いの幅や深さを一気に広げてくれます。

コーチングを定期的に受ける醍醐味も、そこにあります。
しっかりと訓練を受けたプロコーチは、「問いのプロフェッショナル」。

私自身、コーチングを仕事にしている現在も、尊敬するベテランコーチから定期的にコーチングを受けています。

試行錯誤しながら人生を磨き続けることを楽しみ、「問う問われる」筋力を日々鍛錬しています。

問いのある豊かな人生に、コーチングは最適ですよ。