「いつ何が起こるかわからない」時代にすべきこと

2019年1月3日、
熊本地方で最大震度6弱の大きな地震がありました。

地震発生直後に行われた、気象庁の記者会見では、

「日本全国、この大きさの地震が、
どこで起こってもおかしくはない

と、これまでにない口調で、
はっきりと発言されていたのが、とても印象的でした。

今年もあらゆる災害に備えなければと、
正月三ヶ日の穏やかな空気も吹き飛んでしまいました。

2018年は、大地震や集中豪雨、台風と、大きな災害が相次いだ日本。

自然災害に限らず、世界経済や政治状況、テロや戦争など、私たちの生活や仕事を一変させるものは、これまでにもたくさんありましたし、

これからも、何が、いつ、どこで起こるのか。
高度な予測はできても、まだまだ不確実な要素はいくらでもあります。

 

だからといって、

「何が起こるかわからないんだから、今から何かを決めても意味がない。その時に考えればいい。もらえばいい。」

という考えで何もしないのは、今から取れる対策があるのかどうか
考えるのを放棄しているだけ。

実際にその状況になって、なーんの選択肢もとれず、
社会や周囲のせいにしたり、行き当たりばったりに行動しては、
生活や命そのものに関わります。

ご自身一人だけでなく、ご家族やパートナーが巻き込まれる可能性だってあります。

こと仕事においては、もう言うまでもなく、
「定年まで安定」神話のあった大企業すら、リストラや事業縮小、海外企業による買収など、これまでは考えられなかった変革期に入っていることは、火を見るよりも明らか。

さらに、
ロボットやAIの導入が今後さらに進むことで、「人間でなければできない仕事」は急激に減り、熾烈な奪い合いになります。

一つの仕事や収入源に依存し続けることは、これからますますリスクの高い選択になります。

 

何がおこるかわからない、
先行きのわからない未来だからこそ、「選べる」ようにしておくこと。

Aが急にダメになっても、Bがあるから、しばらくはなんとかやっていける。

この視点で仕事というものを考えると、
「副業」「複業」というのは、今後ますます重要になってくると、感じています。

「パラレルキャリア」と置き換えてもいいでしょう。

あるいは、語学力や専門知識をこれでもかと高めておき、
病気や失業にあっても、すぐに次の仕事がみつかるような「高いスキルや経験のある、欲しがられる人材」になっておく、という努力を続けるのも、「何かあった時に選べる」手段の一つでしょう。

「何が起こるかわからない」からこそ、今から考えておくことに意味があるのです。

皆さんは今年、仕事やご自身の人生をどのように考えていますか?
2019年、どんなシナリオで、何をしますか?

 

1月20日(日)の少人数ワークショップ
「初めての人が、自信を持って副業を始めるための、3つのメンタルステップ」

では、

今後、何かしらの「副業・複業」を考えている方にも、「何から始めて、何が必要なのか」がわかる、ぴったりのワークをご用意しています。

最初は自信がないのは自然なこと。
私も、そうでした。

「副業、やってみたいんだよねー」
と言い続けて終わる一年にするのか、

「とにかくやってみる」と決めて
少しずつ実践や収入を積み重ね、
大きな自信につながる一年にするのか。

ワークショップは、ごく少人数で行いますので、
ご興味がある方は、お早めにどうぞ!

【終了】ワークショップ(1/20)『初めての人が、自信を持って副業を始めるための 3つのメンタルステップ』

ちなみに、
私が「副業」という言葉を
初めて意識したのは、
2011年の東日本大震災の直後からでした。

帝国データバンクによると、
2011年以降の五年間で、
震災関連での倒産件数は、二千件近くにものぼっています。

この事実を、どう見るか。
これから起こるどんな災害でも、自分や家族には関係ないと言い切れますか?