「シェア」もアウトプットになる

FacebookでもTwitterでも、何かの記事を読んで、これをみんなに読んでもらいたい(あるいは、読むべきだ)と思ったときに押す「シェア」ボタン。

やり方しだいでは、とても良いアウトプットになると考えています。

私は、誰かの記事をシェアするとき、一言でも「紹介文」をつけます。

あんまりダラダラ長い感想文になると、記事にたどり着くまえに直帰されてしまうので、

「この記事の見どころ」

「読んでこんな発見があったよ」

「こんな人におすすめ!」

これらをいかにシンプルに、見つけた人が読みたくなるかを考えて、2、3行になるように書きます。

この「紹介文つきシェア」、メリットがたくさんあるのでご紹介します。

自分自身のアウトプットになる

まずはこれです。これが本当に大きい。

私は、その記事を自分で読んでみて、本当に「良いな」と思ったものだけ、シェアしています。

友達だから、有名な人だからと、内容も読まずにポンとシェアすることはありません。

内容を読んでいるので、紹介文を書くということは、自分自身のアウトプットになるということ。

その記事のどんなところがよかったのか、誰に読んで欲しいのか。

これをアウトプットするだけでも文章のトレーングになるし「あまり時間をかけない」というルールを作れば、集中力も鍛えられる。

こうやって「紹介文」という形でアウトプットすると、一度シェアした記事の内容はしばらく覚えているし、「誰々さんのこんな記事があったな」と、のちのち役に立ったことが何回もあります。

記事の主に喜ばれる

紹介文が書けるということは、内容を読んでくれた人でもあるので、記事の主から感謝されることはとても多いです。自分の記事が感想つきでシェアされたら、嬉しいですよね。

「読んでくれた」「紹介してくれた」のダブルで喜ばれます。

記事の主から「この紹介文、とても的を得ているので、私の告知記事で使ってもよいでしょうか」という問合せを頂き、ご縁ができたこともあります。

著名な作家さんの記事をシェアしたら、なんと本人から「いいね!」やお礼のコメントが来たこともあります!(覚えてもらえるかも?)

でも大原則は、有名無名に関わらず「本当に良いと思ったものだけ」。

誰々さんの記事だから問答無用でシェア、というのは、ビジネスパートナーでもない限り、私はできません。ここは、自分の価値観や感性をしっかり尊重してあげることを大事にしています。

シェアの嗜好から、自分の好きなことがわかる

紹介文を書くことで、

「自分が何に興味をもっているのか」

「どんなところに感情を動かされたのか」

「(シェアすることで)何を世の中に伝えようとしているのか」

これらが見える化されるんですよ。これはまさに、自分の価値観や強みに繋がるもの。

私が尊敬する方の言葉に、

「自分を知りたければ、自分のこれまでのアウトプットを見ろ」

というものがありますが、それが紹介文というアウトプットでもわかるということ。

自分の好きなことがわからない・・というなら、自分が良いと思った記事をシェアして、初めは「すごい!」の一言でもいいから紹介文を書いてみるのはいかがでしょう。

そのストックが、あなたという人間のあり方の輪郭になっていくはずです。

番外編:無言シェアについて

逆に、何の言葉もなくぽーんとシェアされた記事、ここでは勝手に「無言シェア」と読んでいますが、私は無言シェアされたものは、ほとんど読みません。

有名な人でも、よく知っている人でも、何人もの人がシェアをしていたとしても。

読んでみたら良い記事なのかもしれませんが、「その時点で」興味がわかなかったら、リンクの先に行くことはまずないです。

タイトルだけだと、何の記事なのかもわからないことも多いし、それだけで興味は半減する。そして一度スルーしたら、二度と拾われることがない。

その人がどういう意図でシェアをしたのか、その場で少しでも垣間みえないと、興味がなくなってしまうのです。

理由はただ一つ。

私がSNSを触る時間は、とても限られているので、その場で自分の感性に触れたものにしか、時間を使わない。そういう生活をしているからだと思います。

アウトプットは、人生を変える

私の友人には、「自分のブログを書く」というアウトプットを続けたことで、人生が劇的に変わった(変えた)人が何人もいますので、頭ではなく肌でそう感じますね。

最近、アウトプットをとても意識しながら生活しています。コーチングのクライアントさんにも、自分の実践で効果的だったアウトプットのしかたについてアイディアを共有することが多くなってきましたが、これがとても楽しい。

理由のひとつは、精神科医・樺沢紫苑さんの著書「学びを結果に変えるアウトプット大全」からの影響をとてつもなく受けているから。

この本、ただの「アウトプットのためのノウハウ本」ではありません。

話し方、書き方だけでなく、コミュニケーション、人間関係、生活の全てにおいて使えます。

なぜそのやり方が効果的なのか、心理学分野、脳科学分野からのエビデンスもしっかり書かれていて、とても説得力のある文脈。そして、その章を読んだその日からすぐに活かせる、活かしたくなる。

「学生時代に出会っていたら、勉強や就活すらもっと楽しくなっただろうな」と思えるほどです。学生の方には迷いなくお勧めしています。もはや布教活動です(笑)

「気に入った記事を、自分の言葉でシェアするのも立派なアウトプットである」ということは、この本を読みながら確信したこと。

これからまだまだ出て来ること思いますので、どんどん「アウトプット」していきたいと思います。

「逃げられる靴」持ってる? ークロックスを愛用する理由ー

普段から、クロックス(CROCS)を愛用しています。特に夏場はサンダル一択。通勤にも使っているので「パンプスを履くと、夕方には足が痛くてイライラする」という苦痛からはもう何年も解放されています。

私のお気に入りは、サイプラス(Cyprus)というヒールの高いサンダルのシリーズ。クロックスの中では、最もヒールが高い部類に入ります。サイプラスは数年おきにデザインを変えながらリリースされているので、履き心地も少しずつ変わっています。

2012年に発売された「Cyprus 3.0」が特に好きで、今でも愛用しているのですが、すでに廃盤品のため、メルカリなどでしかもう見かけることができません。復活してほしいな。

クロックスの魅力

クロックスって、カラフルで穴のたくさん空いたカジュアルサンダルのイメージが強いと思いますが、そのバリエーションはとても豊富。トレンドを盛り込んだ、女性向けのおしゃれなサンダルも結構あるんです。いちユーザーとしてクロックス、特に愛用サンダル「サイプラス」の魅力を書いてみたいと思います。

あくまで個人の意見ですので、購入の前には試着されることをお勧めします。

長時間履いても疲れない

多くの方が、これを基準に靴を選ぶのではないかと思います。

もともと足幅が広く、外反母趾あり。そんな厄介な形状の足を、心地よく納めてくれる女性向けの靴を探すだけでも大変ですが、やっと見つかった靴も、長時間履いていると「痛い」のです。履き心地は良いけどヒールが高くて、購入を諦めてしまうことも多々ありました。

サイプラスのヒール高は、平均8〜9センチ。私にとっては高いほうですが、とにかく一日中履いても疲れにくい。特性樹脂「クロスライト」の弾力が、地面から跳ね返ってくる衝撃を吸収してくれるのでしょう。ゴム状なので、若干の伸縮性もあります。夏は通勤に履いて行き、そのままオフィスで一日中履いていることもあります。徒歩の多い旅行にも持参するほど気に入っています。

音が静か

サンダルやパンプルのヒールをカツカツ言わせて胸を張って歩くのも、たまには気持ちいいものです。しかし「うるさい」と感じてしまうときもあります。

ボディ全体がクロスライト樹脂で出来ているサイプラスで「うるさいな」と感じたことはありません。カツカツ音がする靴は、その音のぶんだけ足に負担が掛かっているわけですが、柔らかいクロックスだとその負担ははるかに低いと体感しています。

洗える

サンダルを履くのは夏、クロックスを履くのは夏!という人も多いと思います。外でゲリラ豪雨にあっても、お酒やアイスクリームが付いてしまっても、クロックスは水で洗えます。私はワンシーズンに数回、中性洗剤(台所用洗剤)をスポンジで泡立てて洗ってしまいます。なので汚れを気にせず使えるし、乾くのも早い。クロックスがアウトドアに使われるだけのことはありますね。

走れる

おしゃれなデザインのサンダルで、走れるものってなかなかありません。破損しないか心配になってしまうし、走れたところで、カツカツうるさい。

かたや、私はサイプラスを履いて、急ぐ時はガンガン走っています。階段も駆け上がります(笑)。全体が柔らかいので、青信号が点滅したときのように瞬発的な走り出しでも、足への負担が少ない。人類の足を地上の衝撃から救うクロスライト樹脂、名器だよ。

「走れるサンダル」というのは、雑誌にでてくるような「タイトなスケジュールをこなすバリキャリ」のためだけのコピーではありません。人が走るのは「逃げる」ときでもあります。

逃げる。危険人物や動物から逃げるかもしれないし、災害から身を守り、安全な場所に逃げることがあるかもしれない。実はこの「逃げられるサンダル」として活用した経験を伝えたくて、この記事を書きました。

「逃げられる」サンダル

クロックスを愛用するようになったのは、2011年の東日本大震災からです。それ以前にもオフィス用として使っていましたが、地震当日は都心にいたため、例にもれず帰宅難民に。結局、歩いて帰ることにしたのですが、自分の勤務先から自宅までは約30キロ。通勤で履いてきたパンプスでは、途中で足が疲れてしまうのは確実、体力も奪われてしまう。

この先また大きな余震があって、都心でも火災や津波に巻き込まれるかもしれない。大地震の直後で、どこで何が起こるかわからない状況だった当日、パンプスで帰ることに身の危険を直感したので、その時オフィスで履いていたクロックスをそのまま履いて帰ることにしました。

そのとき履いていたクロックスが「Women’s Crocs Karin Clog」というシリーズ。通称カリン。

道中、縁石や道路に座り込んでしまっているサラリーマンと思しき人たちを多数見かけました。彼らの履いていたのは、いずれも革靴やパンプス、ブーツなど。疲れ切っていて、本当に気の毒でした。

コンビニなどで何回か休憩を入れながら、帰路30キロを7時間半かけて無事に帰宅。足が痛くなったり、靴擦れを起こすこともなく、歩き続けることができたのです。それだけでなく、筋肉痛も全く出なかったという信じられないオマケもあったのですが、これがクロックスを履いたことによる効果なのかどうかは、わかりません。

自宅に辿り着き、地震で物が落ちて足の踏み場もなかった玄関でクロックスを脱いだとき、涙が出るほどありがたかったのを、今でも覚えています。

これ以降、クロックスを常備するようになりました。災害用として普段は使わずにしまい込むのではなく、日常的に使いながら、災害時にもそのまま活用する。履き慣れない靴は凶器になりますから。

防災の日。何から、見直す?

今日、サイプラスを洗浄していたら、Google Home が今日は9月1日と教えてくれました。奇しくも防災の日です。今年は、西日本の豪雨災害や大阪北部地震など、多くの自然災害がありました。「逃げ遅れて」怪我をしたり、犠牲になった方も多い。

どれだけ予測技術や通知手段が発達しても、早く逃げることができなければ助からないかもしれない。そんな時に、履き物の心配をしなくて済んだら、一目散に逃げることができ、助かるかもしれない。それは都会にいても同じです。そんな靴を、あなたは持っていますか?今すぐ履けますか?

一目散に逃げられる靴、あなたは持っていますか?

スニーカーでも良し、他メーカーの靴でも良し。要は、履きやすくて足に負担の少ない靴なら何でも良いと思います。東日本大震災は、多くの人にスニーカー通勤やバックパック通勤のきっかけを作った災害ともいえます。大きな災害は、人の装いや習慣を一気に変えてしまう力があることを、あらためて思い知らされました。

まとめ

クロックスのサイプラスを愛用しています、という記事にするはずが、なぜ何年も愛用しているのかを掘り下げてみたら「走れる・逃げられる靴だから」というものだったという話でした。

クロックスを連呼しているので、自分で書きながら「回し者っぽい」と思ってしまいました(笑)でも、それだけ愛用してきました。「逃げる」というとネガティブなイメージがあるけれど、逃げる対象が人間関係であっても津波であっても、あなたが生きのびるための手段であることに変わりはない。靴がその一役を担ってくれるなら、喜んで履き続けようではありませんか。

防災の日。避難グッズの一部として、自宅やオフィスで履いている靴も、見直してみてはいかがでしょう。

クロックスは「防災用品」として造られているものではないことをお断りしておきます。疲れにくい日常靴の選択肢として、おすすめです。