コーチング

日々、コーチ仲間と鍛錬しています。

コーチングのプロ資格を取得してからも、コーチ仲間と定期的に、オンラインでコーチング・セッションの特訓をしています。

仲間とはオンラインで繋がっていますが、そこにいる全員が、有料クライアントを持つプロコーチ。

メンバーの活動形態も、働き方も多種多様、旅人もいます。プロコースの真っ最中というメンバーもいるので、コーチングのスキルだけでなく、フィードバックのレベルがとにかく高い。お互いのコーチングの品質を見直し、磨き直し、コーチとしての原点に戻れる貴重な、かつエネルギーの高い場です。

練習仲間を募って日にちが決まると、「あ、このテーマを次の練習で使おう」というものが日々、山ほど溜まっていって、消化が追いつかない(笑)

もちろん練習の目的は「コーチングスキルの特訓」なんですが、自分自身がモヤモヤ抱えていた課題が、その練習の場で誰かのコーチング一発で解決してしまう、という回も多々あり、一石十鳥くらいのありがたい場となっています。

もちろん「練習しよう!」というその一石を、自分から投じること(声をかけること)が第一歩です。GIVE FIRSTに似た考えかもしれません。「誰か開催してくれないかな〜」という姿勢で待っていては、スキルも上達しないですし、そんな「クレクレ」精神じゃコーチングどころか、人様のお話を聞くことなんて出来ないもん。

そして何より、コーチ仲間全員が、プロとしての守秘義務や倫理規定を体系的にしっかり学んだ者同士だから、練習の場とはいえ、とてもセンシティブな、プライベートなテーマを持ってきたとしても、安心安全の場を創り、仲間を信頼して、コーチングに臨むことができるのだと思います。

私はこの練習の場で、プロ資格受験に必要な規定時間の3倍くらい、仲間と切磋琢磨していた気がします(規定時間を突破しないと、受験も不可なので)。

時には号泣するほどの感情をあぶり出してくれた、素晴らしいコーチング(1回15分で!)になることもあったし、スキル以上に悩みや葛藤もたくさん共有し合い、通常は1時間半くらいで終わるところが、話が盛り上がって3時間以上(日付が変わっていたw)やっていたこともありました。まるで部活動の部室のような、そんなエネルギーのある場所ですね。

最近、再びこの場で、定期的に鍛錬していこうと決めました。

自分のスキルアップのためだけでなく、私がこの場で鍛えてもらったように、今の自分が持てるものをどんどん出して行こう、それを必要としている人が、もしかしたらいるかもしれないし、それこそ循環であり、出し惜しむ理由などない、と思ったからです。

 

あなたのコーチは、そのコーチングの品質を高め、コーチとして人として、日々自己を磨き、俯瞰し、鎮め、なおかつ鍛錬されていますか?

コーチ自身が、過去の自分を認めているか?

コンサルタント、コーチング、カウンセリングにつかうセールス・トークとして

『毎朝の通勤地獄、残業時間3ケタのダメサラリーマンだった僕が』
『つまらない仕事、パワハラ上司、女子会マウンティング三昧で、人生に何の希望も見出せなかった私』

などなど、ご本人の「過去のダメな自分」を引き合いに出して、

『今の私は過去の『ダメな私』からこんなに変わりましたよ!』

といった文章を、これでもかと沢山見かけます。

「これだけ変われた」という比較、つまりビフォーアフターを見せることは、何を売るにしても、商品の魅力を伝える上で大事なことですし、その商品を必要とする人たち、特に「変わりたい」と願っている人たちの心理に訴えかけるには、とても効果的です。これは悪いことでもなんでもありません。

 

しかし、時々感じるのが、
「変われた今の自分」を強調するあまり、
「過去のダメだった自分」を、あまりにもけなしている人がいる。
現代風に言うならば、ディスっている、と言いますか。

過去の自分のこと、自分の置かれた環境、
仕事、人間関係、家庭環境、親子関係など、
当時は本当に本当に本当に嫌で、苦しんで、もがいて、
変わりたくて、変えたくてたまらなくて、
もの凄い努力をされて、成果を出して、
そのノウハウを立派な商品にされてるのは
とても伝わってくるのですが、
「ここまで卑下するのは何故だろう?」と感じることがあります。
まぁ、セールストークという面で誇張が入っているのかもしれませんが。

 

講師業、コンサルタント、コーチ、カウンセラー、アドバイザー、セラピストなど、なんでもいいですが、ご自身のセールストークやブログで「過去のご自身の姿」に言及されたことのある皆さん!

そんな「ダメだった過去の自分」、今では愛せていますか?

特に強く疑問を感じるのは、
ブログやSNSなどのメディアで、「今の幸せな自分」を見せるのと同時に、事あるごとに、「過去のダメな自分」を引っ張り出しては叩く人。

「この幸せ、XX年前の私に見せてやりたい」とか、
「あの頃のダメ社員だった俺に比べたら」とか、
事あるごとに、過去の自分を卑下する人。
昔の自分が、今でもそんなに大嫌いなんですか。

過去の自分が許せない人が、
「今の自分は、これだけ成功しました!変われました!」
「未来は自分で作れます!変われます!」
と声高に言っていても、
この人、今の自分を本当に信頼出来てるのかな?と思ってしまう。

なぜなら、今どんなに劇的に変わったとしても、
「過去の自分がいた」という事実は変えられない。
結局、その事実から目を背けて、認めたくないだけなんです。

その過去の自分の良い部分も嫌だった部分も、白歴史も黒歴史も全て、その存在を丸ごと認めて、許して、愛してあげられないのなら、

過去の自分を否定しながら、殺し続けながら、その屍の上で「今の自分」を売り出しているのと同じこと。

そんな人から、サービスを受けたいですか?

 

Aさん「仕事も恋愛もダメ、会社や社会に文句ばかり言ってたダメサラリーマンだったけど、あの頃の自分があったから頑張れた。今では笑っちゃうくらいだけど、あの時は必死だったんだなぁw」

Bさん「昔の自分なんて思い出すのも嫌。馬鹿でしかない」

あなたがコーチングを受けるなら、AさんとBさん、どちらから受けたいですか?

 

これね、
「過去の自分を全てポジティブにとらえろ」
「ダメな自分を忘れろ」
ということではないんですよ。

思い出したくないこと、恥ずかしい経験、期待されながら失敗したこと、やりきれずに逃げ出してやめたこと。生きていれば、誰でも持っています。そんな自分を、今はどう感じていますか?今だに許せませんか?それはなぜですか?

 

「自分を変えたい、人生を変えたい」と思って自己投資している人は特に。

お金を払う前に、そのサービス提供者が「過去の自分をどう思っている人なのか」を、ブログやSNSの文面から見極めることをお勧めします。

私自身、受講への一つの判断材料にしています。

帰省・実家・親・年末年始・・・

2018年もあとわずか。いかがお過ごしですか?

 

さて、いきなりですが・・

ここでいくつかの言葉をどーんと出してみますね。

 

年末年始

帰省

実家

義両親

挨拶

義兄弟

お年玉

親不孝

お土産

地元

同級生

 

・・・

いかがでしょうか。

この言葉を聞いて、

今、あなたの中で何が起こりました?

どんな風景が出てきましたか?

誰の顔が、思い浮かびました?

何を言われていますか?

そこにいるあなたは、どんな顔をしているんだろう?

 

「毎年この時期になると、ちょっとなぁ・・」

「これ聞くと、毎年ちょっと憂鬱になるんだよな・・」

「やらなくちゃいけないことばかりで、ちっとも楽しみでない」

「考えただけで重くなる・・」

「なんかイライラしてきた」

 

こんな気持ちになったかもしれません。

あ、それでいいんですよ。

そこでは、何が起こっているのでしょう。

 

「いやいや、ただの感情でしょ」

「みんな色々あるのは当たり前」

「その感情をうまくコントロールするのが大人でしょ」

 

おぉ、もちろん、ごもっとも。

ではその感情、本当はどうしたいですか?

「どうしたいだなんて、子供じゃあるまいし・・」

「みんなは」「普通は」「大人なら」「日本人なら」

いいから、そういうのは一旦、脇におけ。

っていうか、

いつまでそんなことやってるんですか?

 

たとえば、

「義実家に行くのが嫌だ」

というネガティブな気持ちになったとします。

ネガティブな気持ちを持つこと自体は、

決して悪いことではありませんし、罪悪感を感じる必要もありません。

「良い悪い」なんて、誰かが決めた単なるラベリング。

むしろそのネガティブにフタをして、

毎年毎年、やりすごしてきませんでしたか?

来年も、それやるんですか?

 

ネガティブな感情の先には、

あなたの本当の願いが埋もれていることが多いんです。

「どうするか」よりも前に、

本当はどんな気持ちで、年末年始を過ごしたいんですか?

自分の年末年始でしょう?

それとも誰かからの借り物なんですか?

 

わたしのコーチングでは、このような「年末」テーマもしっかり扱います。

私自身がクライアントとして、コーチングを受けたことで、憂鬱だった年末を変えることができた経験もあります。

12月になると、来年のやりたいことや目標を・・という前に、

年末年始が憂鬱・・という理由で、

私のコーチングを選ばれる方がたくさんいらっしゃいます。

それでいいんですよ。

 

こんな憂鬱、なんとかしたい。

毎年のことだけど、年末年始を乗り越えなければ・・

理由はわかっちゃいるけど、何かできるわけでもないし、いつも堂々巡りで・・

でも、なんとかしたい!

なんなのか知りたい。

その気持ちが、出発点です。

 

いつもの年とは違う気持ちで、年末年始を迎えてみませんか?

 

そろそろ本気でやってみるか、という方は、こちらを読んでね。