春は「水」からやって来る

2月も今日で終わり。
合理主義の我が家において、唯一の超アナログな月一の定例行事として

「紙カレンダーを1枚はがす」

というものがある。今月も漏れなく実施したところ。

 

紙モノは可能な限り電子化したい主義の私が、もう5年以上、毎年買い続けている紙カレンダーで、日付の確認よりも、カレンダーの絵柄や二十四節気・七十二候、月齢などを眺めるためだけに使っていると言ってもいいくらいだ。

 

今日、お役目を終えた「2月」の二十四節気・七十二候を眺めていたら、あることに気づいたので、備忘録として書いておこう。

2月の二十四節気・七十二候

2月の二十四節気は2つ、七十二候は5つ。
それを時系列に並べてみた。意味については、リソースによって解釈が少しずつ異なるようだけど、その自然現象が意味するところの本質的な部分は共通しているので、カレンダーの記載通りに表記しています。

 

立春(2/4)暦の上での冬と春の境。この日より春となる
東風解凍(2/5)春風に氷が解け始める頃
黄鶯睍睆(2/9)ウグイスの初音が聞こえて来る頃
魚上氷(2/14)氷が解けた水の中に魚の姿が見え始める頃
雨水(2/19)雨水がぬるみ、草木が芽吹き始める
土脉潤起(2/20)暖かな雨に土が活気づく頃
霞始靆(2/24)霞が春景色を彩りはじめる頃

 

7つの節候のうち、「水」に関するものが5つもある。率にして7割。
しかも意味を見ると、どれも「温度が上がってきている」と感じられる現象ばかりだ。ここに先人たちは季節の変化を体感し、節や侯にして伝えている。
つまり人間の感覚として

春は水からやってくる

といっても良いのかもしれない。

 

春を探すなら、水から

春というとき私たちは、
冬眠から覚めた動物が動き出すとか、
植物が芽吹き始めるとか、花が咲くとか、
生き物の動きから捉えることが少なくないけれど、では、その生き物たちが何を頼りに活動を変化させているかといえば、気温や水温、つまるところ「温度の変化」。

 

そして目に見える生き物がその場にいなくとも、私たち人間が春の到来を最も体感しやすいのは「水から」ということになるのかもしれない。

 

スマホも気象レーダーもスパコンもない時代の先人たちは、
この時期の「水」に現れる現象から、季節の変化を肌で感じていたのか、と感慨深く味わいながら、迎えた月末です。

 

2018年も6分の1が終わった今頃に、当該カレンダーに興味をもたれた酔狂な方はこちらをぜひ(笑)

【2018年版・壁掛】 シーガル 歳時記カレンダー 小