それ、本当に必要?必要だった?

平成最後の12月。

忘年会やパーティ、送別会など

お誘いも増えるシーズンになりました。

そんな年末ですが、

「それは、本当に必要?必要だった?」

を問うのに絶好の機会です。

 

モノだけでなく、こういったイベントや、

人間関係、自己投資してきたことなどです。

私の知人で

「忘年会に出ないといけないが、気が進まない」

という人がいたので、

そんな時の対処法をお伝えしますね。

 

よくよく話を聞いてみると

「大人数の飲み会が、
そもそもあまり好きではない」

「欠席を伝えると、
人間関係が悪くなるんじゃないかと
気にしてしまう」

とのこと。

確かに、欠席を伝えて相手の顔色が変わったりすると

「やっぱり行った方がいいのかな」と

モヤモヤしてしまうこともあるでしょう。

 

さて、ここからです。

あなたが本当に見直すべきは、

「気の進まない忘年会に出ること」以上に

「自分の意思を出すことを躊躇してしまうような人間関係」

そっちの方ではないか?

と疑ってみることです。

「そんな人間関係は必要ない。切りましょう」

と結論づける話ではありませんので、

どうぞご安心を(笑)

 

普段からその人の意見に振り回されているところはないか?

自分が、その人に気を遣っていることはないか?

それはなぜか?

これからも、それを続けたいだろうか?

 

などなど、

ご自分とその人たちとの関係や、

ご自身の振る舞いなど

色々と思い出してみることです。

 

このように

「自分の意思で選び、決めたこと」

を行動に移していくことも大事ですが、

決めて、行動した「後」に起きる問題や、

人間関係の変化などのほうが

「今の自分にとって必要かどうかを考えるべきは、

本当はここだったのでは?」

というポイントだったりします。

 

これを日々、繰り返していくことで、

やりたいことができる時間やお金が増えたり

決断のスピードが早くなり、

目標も立てやすくなります。

 

何より「自分で選び、決めた」ことは

自信につながるので

すっきりとした気持ちで、

新年を迎えられることでしょう。

新しいことも始めやすくなります。

ぜひ、12月のうちに試してみてください。

 

それでも・・・

一人だと、堂々巡りしてしまい、

何が自分にとって必要なのか、必要ないのか、

大事なのか、わからなくなっている。

決めることに自信が持てない。

そんなときに、コーチングを使ってみるのも一つの方法です。

「そんなの自分一人で見つけるもの」
「人に聞いてもらうなんて甘え」

と言いつつ、同じところをぐるぐる回っていると感じたら、

コーチングを使ってみてください。

体験してみる